【Q&A】御霊前と御仏前の違い

2015/04/22

「御霊前」と「御仏前」とでは、どこが違うのでしょうか。

 

仏教では、人が亡くなると、7日ごとにエンマ様の審判があり、7週目、つまり四十九日で全ての審判が終了し、故人は成仏するとされています。

つまり、四十九日で「仏様」に成られる、極楽浄土に行けるということです。

従って、「御仏前」は四十九日法要からお使いいただくのが良いとされています。(富山では七日の法事でも「御仏前」とします)

一方、「御霊前」は、仏教、キリスト教、神教など、宗教・宗派に関係なく、故人にお供え物をする時にお使いいただけます。

どの宗教かわからない時や四十九日前のお供えの時は「御霊前」が無難でしょう。

 

 

 

アーカイブ

  • サンエツのinstagramはじめました
  • サンエツオンラインショッピング
  • オンラインショップ以外のご注文について
  • KNBラジオ KNBラジオ「おくりもの専門学園」好評放送中!
  • 31アイスクリーム
  • 富山ぶりかまプロジェクト
  • 日本贈答文化協会
  • 全日本ギフト用品協会
  • 新卒採用情報